中学生の皆さんへ

 名古屋西高校はどんなチームなの?その様子をお伝えします!

充実の環境がここにあります。


やる気一つで、どこまでも伸びる、それが名古屋西・陸上部!

 ・中学時代野球部であっても

   ・中学時代、部活にあまり興味がなかった君も

ここ数年で

急激に力をつけています!

6年連続で東海大会へ、

3年連続で全国大会へ出場しています!

 

中学時代にあまり実績のなかった選手も、

名古屋西で着実に力をつけています!

 

~全国大会への出場実績~

 H28年度

  ・インターハイ:男子4×100mR(準決勝進出)

    愛知の公立高校では19年ぶり、準決勝進出は初!

  ・日本ユース選手権:男子4×100mR

 H29年度

  ・インターハイ:男子走高跳(決勝進出!)

  ・全国選抜陸上:女子棒高跳

  ・国民体育大会:少年B男子走幅跳

 H30年度

  ・インターハイ:

    女子100mハードル

    男子4×100mリレー

    男子4×400mリレー


選手の実力は確実に伸びます!

100mベストを1秒近く更新する選手もいますよ!このグラフはインターハイに出場した3年生のデータです。00mR・4×400mR)の双方に大切だと名古屋西では考えています。

 

 

100m11秒前半は当たり前、

200m22秒台は当たり前、

というチームの雰囲気です。

君もその雰囲気の中に!

 

現在200m22秒台は6人います。

 

 


リレーといえば名古屋西!

県大会決勝に進出はあたりまえ!

 ~県大会決勝進出~

 H27年度

  県総体:男子400mR

  新人戦:男子1600mR

 H28年度

  県総体:男子400mR

  新人戦:男子400mR

  (東海選手権出場:男子400mR)

  (日本ユース選手権出場:男子400mR)

 H29年度

  県総体:男子400mR/1600mR

  (東海選手権出場:男子1600mR)

  新人戦:男子400mR/男子1600mR

H30年度

 県総体:男子400mR・1600mR

 

H28年度にはインターハイ準決勝進出!

H29年度には東海大会優勝!

H30年度には両リレーでインターハイへ!東海大会優勝!

男子両リレー東海大会に行く公立高校は名古屋西だけ!


公立で陸上をやるなら

名古屋西!

夏はみんなでインターハイへ!

着実に力をつける練習メニューと、

前向きなチームの雰囲気が、

君たちを待っています!

県下公立高校でトップクラスの

上位大会進出を誇っています!


フィールド競技の設備も整備!

オールウェザートラック(移動式)を備えているので、学校でピット練習ができます!

女子棒高跳のポールもあります。


顧問は短距離の国体強化コーチ!

短距離・跳躍・投てき・混成を指導する先生は、

愛知陸上競技協会の選手強化委員会

短距離主任コーチを務めています。

 

愛知県チームのリレーを指導しています。

冬に行われる国体強化合宿の短距離ブロックを

担当しています。

 

つまり、国体練習会並みの指導が毎日受けられるのです!


勉強も部活もがんばる陸上部!

広島大・大分大・島根大・愛知県立大・富山大

などの国公立大学をはじめ、地元の

南山大・中京大・愛知大・名古屋学芸大などに進学しています。

また、陸上競技やスポーツに携わるために、中京大(スポーツ科学)・大阪体育大・愛知医療学院短大などに進学もしています。

8月のインターハイまで部活をやっていても、その頑張りが、

勉強に活きて、国公立大学にも合格をします。3年生では多くの者が国公立大学志望コース(文Ⅱコース)を選択します。

 

大会とテスト週間が重なるときは、勉強も大変ですが、

顧問の先生が勉強を教えてくれます!

学年トップクラスの成績を取る選手もいます。